サーフキャスター.com

キス釣りしま専科

天秤を作ろう

ステンレス線加工

[広告] VPS自作の天秤作りに挑戦

必要な道具
ペンチ
超硬質ステンレス線
お好みのおもり
半田ごて
オイルストーン(細目)
ヤスリ
etc

まず 海草天秤を使いたいので ばらします
CA390040.jpg  CA390019.jpg

やり方は 軸のステンレスをペンチで挟み 錘を上にして ハンマーで  ペンチを下から
叩きます そうすると 錘の重さで 針金が抜けます
不要部分を切って 抜きます
横軸に 全遊動の大きな輪のあるものは 取っておきます

縦軸 1.4mm 横軸 1.2mm
曲げる分と 自分の好みの長さになるように ステンレス線をカットします
カットするとCA390050.jpgのように 切り口が山形になります
オイルストーンで平らにしますCA390051_20090607211816.jpg
使用するペンチは ダイヤモンドヤスリで加工しますCA390049.jpg
ステンレス線を折り曲げやすいように 工夫してください

まず 初めの曲げは 普通の溝にほんの少し挟んで 一気に曲げます
ステンレス線の太さが有りますので 3mm位のつもりで

次に同じ方向にもう一度曲げます。
CA390053.jpgこの時に 加工した溝が役に立ちます。

こうなりますCA390054.jpg
次は 逆に少しだけ曲げます この時は 加工した小さい溝を使います

CA390055.jpg  CA390056.jpg
こうなります。

これを ペンチで CA390057.jpgこのように挟んで 少しずつ
潰します。
するとCA390058.jpg こうなります

この時 形を見ながら 少しずつ挟む方向を調節してください。


横軸の大きな輪は 今回 ばらした 全遊動天秤の物を使いました 1.2mです
横軸を10mmほど長くして 錘の頭から 2本を突っ込みます
鉛側に出た ステンレス線を好みの長さ+15mmで両方カットします
10mmくらいのところで折り曲げて 潰します (潰しすぎないように) 抜けない程度に
してください。

横軸を90度曲げて 立て軸に沿って巻きつけます2~3回転巻いたら 縦軸の中心で 横軸を
巻きつけ方向と逆にペンチの角で曲げて縦軸と横軸の芯を合わせます

縦軸の 輪の部分を 90度曲げますCA390059.jpg

出来上がりはこんな感じですCA390061.jpg
CA390060.jpg
最後に 半田でステンレス線の切れ目を半田で埋めます 既製品の丸は 隙間が大きいので
ペンチで挟みながらやると良いです。

横軸の大きい輪は ラウンドプライヤーを使うと簡単にできます
CA390071.jpg  ドイツ製です 普通のお店では
おいてませんので 工具屋さんのエコスのカタログで 取り寄せになります。

使い方はいたって簡単 ステンレス線の端っこを 作りたい太さ部分で挟んで巻きつける様に
するだけCA390074.jpg  CA390076.jpg

CA390072.jpg  CA390073.jpg


CA390078.jpg
仕上げは半田付けで完成です。


仕掛けとしての 出来上がりはこうですCA390064_20090607213629.jpg
CA390063.jpg
キスが引くとどこまでも道糸は出ていきますので 錘は動きません

ブラ天と呼ばれる 遊動とは 可動範囲が大きく異なります
完全な遊動なので 魚信がダイレクトに伝わりますので 非常に面白いですから
暇な人は試してみてください
パール玉 ローリングサルカン ゴム糸より(0.8mm 20cm)が有れば
出来ます パール玉の内径は 四角キリで 穴を大きくしておきます


お道具箱
CA390065_20090608182815.jpg


スポンサーサイト
  1. 2009/06/07(日) 21:09:15|
  2. 仕掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハリス交換式の仕掛け

画像では非常に解りずらいとは思いますが
作り方を説明します。

まず 針とハリスの結び方

使う道具 
CA390302.jpg 
ハリスを 同じ長さに切る こんな道具を使うと便利です
 CA390303.jpg 
使用する分巻きつけます
 CA390304.jpg  
溝の部分でカットします
CA390305.jpg
反対側もカットします  これで巻いた分の2倍のハリスができます
ハリスの長さは 板で調整してください ちなみに 私のは14cmの9m厚の板です

かまぼこの板なんかでもいいですね
コバにV溝付けると ハリスが切りやすいです

CA390306.jpg
親指と人差し指で 針の針先を手前に持ちます
ハリスを針の手前側 針先の下側に成るように 1cmくらい出して 針と一緒に持ちます

CA390307.jpg
ハリスの反対側を手前回しに針のちもとにクロスさせます 上に乗せて下さい
親指で針と一緒につまみます 1cmくらい余らせて下さい


CA390308.jpg
手前に垂直になってる ハリスを 反時計回りに 針の軸に対して 針とハリスごと
5~6回巻きます この時 針の軸に平行のハリスが動かないよう 気を付けて下さい
CA390309.jpg
針の軸に平行の 1cm伸びてる ハリスを 歯で引っ張ります
これで ハリスと針が結ばれます 余った部分は カットします
CA390310.jpg
出来上がりはこんな感じです 慣れれば 針結び機使うより 早いです
交換用の予備針と 仕掛けに付ける分は必要ですから
だいたい100本くらい 作ります

仕掛け まず 自分に合った 仕掛けの長さに モトスに成るラインをカットします
ボビンに巻いたままではできませんので
自分の場合は 2ひろ矢引きです 約3メトール
トップの針を付ける部分と エダスに成る部分の2種類ですので
まず トップから
CA390311.jpg
モトスの先端3~4cmで折り曲げて 指で2本を押さえます
CA390312.jpg
こよりを拠る 要領で モトスを拠ります
CA390313.jpg
拠りの長さは好みですが だいたい 1.5cmくらいに成るように 8の字結びで固定します
(8の字結びとは 硬結びをする要領で2回先端を通します)
硬結びだと くの字に曲がってしまいます

次に エダスを付ける部分です
CA390314.jpg
2番目は トップから約25cmの部分で 折り曲げます
やはり こよりを拠る要領で 拠ります
CA390315.jpg
拠ってある部分が 枝の長さに成りますので 1.5cm~2cm残して 元を左右逆方向に
向けて つまみます

CA390316.jpg

拠った先端を上から手前側に持って来て つまみます

CA390317.jpg

ここからが少し難しいです
先端を 下から回して 右の輪に通します
下から通すのが 味噌です

CA390318.jpg
左の輪も下から 通します

指を離すと 真中に枝 左右に輪ができます
CA390318.jpg

枝にしたい 長さを 歯でかみます この時 拠りの部分を 歯で噛んでしまうと
キンクしてしまうので 歯の間で噛んでください
左右のラインを引っ張り絞めると 下の様に 枝ができます

CA390319.jpg

これで枝ができました 3番目からは 間隔を40cmにすると 36cm間隔の仕掛けに
なります 40cmの場合はトップから33cm2番目から 45cmでいいと思います

次に 針を付けます
トップは 拠った部分にハリスを通し ねじって止めるやり方で OKです ハリスを長くします

CA390320.jpg  CA390321.jpg  CA390322.jpg  CA390323.jpg

次にエダスの付け方です

CA390324.jpg
手前から 先端の輪にハリスを通します
枝とハリスをつまみ
ハリスをできるだけ短くなるように ハリスの先端を引っ張り
ハリスの先端を持って 針の下から 手前に回しこんで 枝の上に持って来てつまみます
これを 2回繰り返します
下の写真のようになります
CA390325.jpg

ハリスの先端を 2重の輪の下から通します
CA390326.jpg

この状態で 針とハリスの長い部分を 右手で つまみ引っ張ります
CA390327.jpg

このままでは 枝とハリスは締まってませんので 今度は 針だけを 引っ張ります
CA390328.jpg
余分な部分をラインカッターでカット

CA390329.jpg

出来上がりです
エダスの分同じことを繰り返します

これで ふぐに針を取られても 針だけ交換すれば良いので 仕掛けは無駄にならないから
ごみも減ります。
是非試してみて下さい

今回は写真で ピンとも合っておらず 見づらい部分もありますので 近いうちに動画で
UPします。
  
 


  1. 2009/02/11(水) 22:00:19|
  2. 仕掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100%魚信を捕える 全遊動天秤

キス釣りにおいて 最も楽しいのは あの キス独特の魚信である。
しかしながら 釣り場ではほとんどの人が 固定天秤で 釣りをしているのが実情だ
理由は色々ある 一つには 距離が出ない 確かに 固定に比べ 1~2色飛距離が
出なくなるのは事実だ 空気抵抗が大きいせいだろう 特に風の強い日は はっきり現れる
しかし 風の強い日こそ 魚信を的確に捉えることが 釣果を伸ばすポイントにもなる
前置きは これくらいにして
画像で紹介することにします。
天秤は 海草天秤の23号のショートアーム 普通の市販天秤より 針金を短く作っている
その代り 針金はふと目を使用して 先端の丸カン部を 90度まげている
理由は簡単 テーパーライン切れを防ぐためである
CA3900090.jpg

テパーラインと4本よりの砂ずりの間には パール玉とローリングサルカン5号を入れている
サルカンと4本よりは 砂ズリを作る時に 一体化してしまうので 予備として持っている場合
砂ずりの数分サルカンが必要だ。
パール玉は 手芸店で購入して 内径をキリで広げ細工している。
CA3900080.jpg
全体的な組み付けはこの写真を見てほしい。
白い糸巻きは 仕掛けが巻かれている。
砂ずりの先と仕掛けの間には ゴムクッションが入れてあり これで PE最大の弱点
針掛の悪さを解消している 号数や長さは キスの活性や時期によって 変えている
CA3900100.jpg
このゴムクッションキスの針掛かりをよくするだけでなく たまに来る外道 ヒラメやマゴチの取り込み
が楽になる利点もある ハリスの保護や 針伸びなどを この クッションが吸収してくれるので
針に掛かれば 100%バラスことはない。

もちろん キスの魚信は7色でもピンギスの魚信がわかるほどである。
1投目にフルキャストして 魚信があったところを 重点的に探れば 釣果を伸ばすのは簡単だ
また ふぐのポイントを避ける事も この 全遊動天秤なら 可能である。
  1. 2008/06/30(月) 12:18:01|
  2. 仕掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

わいるどぼす

Author:わいるどぼす
ようこそ サーフキャスター.comへ
小生 栃木県南部に生息する 自称キスキチガイのサーフキャスターです。 ホームグランドは 房総半島 平砂浦、鴨川東条海岸、三島など
外海を専門にサーフの投げ釣りにはまってます
ブログ内では 釣果報告だけではなく タックルの紹介や遠征報告 仕掛けの作り方、ポイントの選び方、獲物の食べ方調理法など 多岐に渡り
紹介していきますので どんどんアクセスしてやってください

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

フリーエリア

協力サイト

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

バナーをぼちっとしてね!

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

ネット通販

お勧めのタックル