サーフキャスター.com

キス釣りしま専科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平砂浦釣行

08/9/13 大潮
久しぶりに 平砂浦に行ってみた このところ 鴨川一辺倒で だんだん 釣果が悪くなる
傾向なのと、 前日に熱帯低気圧が 通過したこともあり 外房を避け 平砂浦へ直行した
東京の師匠を乗せて 富浦ICまで 1時間 夜間割引の恩恵で できる 釣行である
南総パラダイスのPには すでに サーサンの姿がある オーパの駐車場の2つ手前で 師匠を下ろし
自分は オーパの駐車場から 一つ目の川から侵入
川は 右へ大きく蛇行して かなり 歩いた 早速始めるが 何とも 反応がなく 遠投、近投
いろいろやるが 釣れてくるのは ピンギスばかり 魚信も ピンの魚信ばかり
5色で ピンが当たる すべて こんなはずじゃないと思いリリースしていたが
どうも ピンしかいない様子 やっとこ 18センチ級をゲットした ところで いよいよ
さーさんが出張ってきた 行き場を失いかけて どうしようか考えていると
なにやら 見慣れない団体が すらずらと おいおい と思っているうちに
本当に 行き場がなくなった
どこか 別の場所の情報でもと 思い近くの人に 声を掛けると なんと 静岡から
マイクロ2台で 大会に来たという あ~ 最悪 さーさん+団体の猛攻で 師匠の姿
すら 解らない ポイントを探れば ピンじゃないのも来るはずだが 動くに動けづ 辛い時間が過ぎてゆく。 干潮になり 浜が広くなったのを 境に少しずつ移動 しかし 釣れるのはピンばかり
しかし 中には まともなサイズをあげているのも事実だから 自分の動きと魚の群れの動きに
合わない部分があるのだろう。 上げに掛かり だんだん砂浜が無くなる頃 団体様は
お宿に引き上げた 満潮時間には 立っている場所がないくらい 潮が上がる おまけに
弱いうねりのせいで 波足が長いから 投げては 駆け足で 護岸近くに避難するような
スタイル 日没まで粘ったが 釣果は伸びず 師匠が餌を捨て様とするのを 静止した
何とも不本意な釣果に満足がいかず 日曜もやる決心をした。
とは いうものの 日帰りのつもりだから 着替えも何のない ダイソウに行き 着替えの下着と
Tシャツ、洗面道具を買い 館山の銭湯に直行 汗を流し 明日の場所を決めるために
とりあえず 鴨川に海の状態を見に行ったが 来る波と 帰る波が ぶつかり合って
5メートルも 水の柱ができるほど荒れている こりゃだめだと あきらめ オーシャンパーク
道の駅で 眠りに着いた。
朝 4時起床 釣り場は 館山の北条海岸 フッシング渡辺前のPに車を止め 釣り始めると
何と 雨が降ってきた なんだよ~と思いながらも 傘で道具を守り 濡れながら釣ってると 4色
ピッタリで魚信が続く しかも ピンではない これは イケると思いながら 師匠は右へ移動
自分は左へ移動 2点 3点と 釣果を伸ばすと 急に魚信が止まる
沖で 鳥山が立ってる スズキの群れでもいるのか? キスがおびえて
どこかへ 行ってしまった 時間がたてば戻るだろうと思いながら やってると
なっ なんと また団体の釣り人 北条海岸で こんな人は見たことのないくらいの人数
よく見ると 昨日 平砂浦で一緒だった 団体さんだ~ あちゃ~
2日連チャンで同じ釣り人に出会う事さえまれなのに 団体で出会うとは あっという間に
周りは 釣り人であふれかえり 身動きが出来ない。
どんどん 左に移動するが ここも 広い場所じゃないので 左の突堤付近に追いやられてしまった
これが 幸運の始まりだったのかもしれないが 干潮になり遠投じゃないと釣れないことがわかり
突堤の150メートル右に6色から サビキ始めると 4色で魚信が 20センチ級の魚信が
3回あった 巻き上げに入り 上の針には魚影がない? あれ~ また 針掛かりしなかったのかよ~
と嘆いていたら 最後の針に どでかいキスが付いていた 早速 スケールで測ると
なんと 25センチ 久々の25センチ しかも 北条で出るとは思わなかった。
CA390110.jpg
そのごは 干潮で潮がなくなり 本当の遠投釣りになってしまって
全遊動の仕掛けで おもり 25号では 6色が出きらない 5色半 以内の厳しい釣りになった
団体さんの中には かなり遠投のきく人がいて その人は やはり まともなキスを 
ゲットしていた 腰の手術をして リハビリ中の自分には あの フルスイングは
まだできない フィニッシュのスピードが全然違う 腰が良くなったら あれを練習しよう
全遊動でも 7色が見えてくる気がする 手本のような気がした。
CA390108.jpg
納竿間際に取った写真で前方に長い突堤があるが その根元で25センチは出た
戻ってくると 師匠はすでに 帰り支度をしていて 21センチが出たぞってえばろうとしたらしいが
その前に 自分が ほら~って 25センチ見せたら がっくりしてたのが 印象的だった
スポンサーサイト
  1. 2008/09/15(月) 21:22:15|
  2. 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海で遊ばせてもらうのだから 海を汚さない | ホーム | 鴨川 東条海岸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surfcaster.blog116.fc2.com/tb.php/15-7dcfc905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わいるどぼす

Author:わいるどぼす
ようこそ サーフキャスター.comへ
小生 栃木県南部に生息する 自称キスキチガイのサーフキャスターです。 ホームグランドは 房総半島 平砂浦、鴨川東条海岸、三島など
外海を専門にサーフの投げ釣りにはまってます
ブログ内では 釣果報告だけではなく タックルの紹介や遠征報告 仕掛けの作り方、ポイントの選び方、獲物の食べ方調理法など 多岐に渡り
紹介していきますので どんどんアクセスしてやってください

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

フリーエリア

協力サイト

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

バナーをぼちっとしてね!

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

ネット通販

お勧めのタックル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。